スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒ヶ根・安曇野紀行 その2(二人静)

前回の続き

あらかじめお断りしておきますが、今回のエントリーは1泊目と2泊目の写真が混在していますのでご注意ください(何を?)。

千畳敷カールから降りてきた私たちは、お宿の方にチェックインしました。

今回泊まったのは、二人静別邸一花一葉というところです。

一応、別邸の方には、別邸のお客さんしか入れないようになっています。あくまで一応ですが…

20070623_160928_0

部屋は、和室が二部屋の他、部屋ごとに露天風呂がついていました。ちょっぴり贅沢。

それと、冷蔵庫の飲み物は女将のサービスだそうです。それほどの量があったわけでもないですし、そもそも料金に含まれているとわかっていても、サービスですと言われるとちょっとうれしいものです。

部屋にはいると、仲居さんが抹茶を点ててくれます。

20070624_150904_0

すでに部屋に用意されている和菓子とともに抹茶をいただいたあとは、せっかくお部屋にお風呂があるのですから、さっそくお風呂に入って、車での長旅と子ども2人を抱えて山にのぼりおりした汗を流します。

20070625_070554_0

一部お見苦しい部分がございましたので、画像を加工させていただきました。

目の前を流れる大田切川を見ながら、ゆっくりお風呂に浸かれます。

お風呂のあとは夕食です。

部屋食の設定はないそうですが、子ども連れと言うことで、小宴会場(15~20名程度の部屋)を貸し切り状態にして食事をさせていただきました。夕食は、2日ともそのような配慮をいただいて、非常に感謝しています。

20070623_175737_0

20070623_180628_0

20070624_180405_0

夕食の料理はこんな感じです。

焼き物や天ぷら、温物、釜飯などもあったのですが、後の方になるとテーブルの上がごちゃごちゃして、うまく写真が撮れませんでしたので、つきだしとお造りの写真でご容赦ください。

20070625_083137_0

浴衣と一緒についていた巾着袋は、どうやらいただけるもののようです(未確認)。

広いお部屋と、誰にも気兼ねなく入れる露天風呂と、おいしいお食事を満喫することができました。

ちなみに、Qちゃんは露天風呂がえらく気に入ったようで、普段は「お風呂はいろ~」って言っても、必ず「イヤ」って返事する上に、入ったらすぐに「もう出る」と言って、身体も洗わずに風呂から上がろうとするのに、ここでは、自分から服を脱いで入りたがったのでびっくりしました。

おかげで、かなりの回数、時間を風呂の中で過ごすことになりました。

さすがに最終日の朝は、運転中眠くなるのはかないませんので、私は入りませんでした。

とてもいいお宿でしたので、また機会があればおじゃましたいと思います。

スポンサーサイト

 | HOME |  »

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。