スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹標準

えーっと、タイトルの「竹標準」というのは、OLYMPUSユーザーが変換すると、「HIGH-GRADEラインの標準ズーム」という意味で、これまでは、ZUIKO DIGITAL 14-54mm f2.8-3.5のレンズを指していました。

それが、今回、E-3と同時発売でZUIKO DIGITAL 12-60mm f2.8-4.0 SWDが出ましたので、こちらが今後は竹標準となるわけです。ちなみにSWDというのは超音波モーターのことで、E-3と組み合わされると超高速AFが実現するそうです。関係ない話ですが…

それで、なぜ「竹」なのかと言いますと、簡単に言えば「松竹梅」の「竹」で、これはOLYMPUSが自ら、レンズのカテゴリーを上から「SUPER HIGH GRADE(松)」「HIGE GRADE(竹)」「STANDARD(梅)」と3つに完全に分けて棲み分けさせているからですね。ちなみに値段も棲み分け状態w

松レンズの場合、普通に6桁で、一番前の数字が1とかありえなくて、ふへ~って感じです。

わかりやすい図はこちら

さて、私がこれまで使ってきた、E-410ダブルズームキットの14-42mm f3.5-5.6、40-150mm f4-5.6、35mm f3.5 Macroは、いずれも「梅」レンズだったわけですが、この度、「竹」レンズの14-54mm f2.8-3.5を購入しました~

…と言っても中古ですけどね。

14-54mm f2.8-3.5は、E-3と12-60mm f2.8-4.0 SWDの発売により、E-1と一緒に中古の出物が多くなってきていて、価格も一時期よりだいぶこなれてきたので、えいや~っと買いましたよ。

Dsc00005

やはり梅レンズとは作りが違う。防塵防滴仕様バンザイ(ボディは防塵防滴ではないですが…)

E-410につけると

Dsc00003

レンズでかっ。ちなみにボディよりもレンズの方が重いです。いよいよボディ交換式レンズになりつつあるか…

このレンズの場合、E-3とは言いませんが、E-510くらいの方が多分しっくり来ると思います。

ちなみに、いつもつけてる3535マクロ(レンズの中では一番小さくて軽い)を装着するとこんな感じ。

Dsc00002

お気軽お散歩カメラになります。

前にE-410購入時に撮った写真ですが、レンズキットの14-42だとこんな感じです。

Sn320181

青いラインがおしゃれです。このカメラによくあうレンズです。逆に、E-510にこのレンズを付けると、ちょっとレンズのしょぼさを感じます。

梅レンズでは、最近70-300mm f4-5.6というレンズが出て、これは35ミリ版に換算すると60-600mmという超望遠レンズなのですが(フォーサーズの場合、35ミリ版に換算する際に焦点距離が2倍になります)、手ぶれ補正のないE-410では使いこなせないのは目に見えてますので、ちょっと気になりますが見送りました。

E-510なら…

いやいや、この小ささに惹かれてE-410を買ったんだから、と、言いつつも、重くてでかいレンズを買う私…

ただ、来年発売とされている梅広角は買いますよ。そのための貯金もいまからせっせとしますよ~

スポンサーサイト

 | HOME |  »

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2007-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。