スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエスティンホテル淡路3(その2)

(前号の続き)

そんなわけで、淡路島に無事上陸し、目的地のウエスティンホテル淡路に到着です。観光地ではなくホテルが目的地の旅行です…

ホテルの車寄せに近づくと、ベルボーイのお兄さんが誘導してくれます。車をいったん停めて、荷物を出しますが、これがまた大荷物でちょっと恥ずかしい。

というのは、荷物の中に、紙おむつひとパックがあったりするからです。ほんとは、ひとパックも使わないのですが、旅先でおむつが切れたときのことを想像するとぞっとしてしまいますので、多すぎると言われても、ひとパック丸々持って行ってしまうのです。

子どもがいなかったころは、夫婦2人だけの荷物で、颯爽とロビーを歩いて行けたのに、今は、荷物をボーイさんに持ってもらっても、まだ、ベビーカーと子ども2人と、子どもの上着や帽子などこまごましたものを持って歩かなければなりません。前々回など、粉ミルクの缶が荷物の中に入りきらず、粉ミルクの缶をボーイさんに持ってもらうことになり、ちょっと気恥ずかしくなってしまいました。

さて、ホテルでチェックインする際に、夜ご飯の予約もするのですが、うちは相変わらず「はなの」にお世話になります。ほんとはカウンターと行きたいところですが、子ども2人もいて、しかも片方は授乳をしなければならないと言うことで、さすがにカウンターは無理で、個室をお願いすることにしました。連休だったので空いているかちょっと心配でしたが、無事空いていると言うことで、個室をお願いしました。

そして、部屋に入りましたが、妻はちょっと不満なようでした。

20070106_194453_0

というのは、今回は2泊すると言うことで、部屋のグレードをちょっと落としました(費用の面もありますが、そもそも空いてなかったので)。そうしたところ、特にお風呂がだいぶ見劣りするようになってしまい、妻からは落胆の声が上がってました。

でもしょうがないじゃん…

まぁ、そうはいってもきれいな部屋です。Qちゃんはよろこんで走り回っていました。

Qちゃんと言えば、ここのホテルに来るたびに、Qちゃんは車のおもちゃをもらってます。多分サービスの1つなんでしょうが、今回は日産キューブのチョロQをもらってました。

夕食までまだ時間があるので、ちょっと散歩にでも、と思って外に出たら、めちゃくちゃ寒くてすぐに帰ってきました。

それで、予約の時間には少し早かったのですが、もう夕食に行こうかということになり、「はなの」へ行ってみたら…

まだ開店してませんでした…

5分ほど待って、予約の時間になったら、ようやく店も開きました。中からAさん(懇意にしてくれてる仲居さん)が出てくると、店の前で待ってる私たちを見るなり「あ~、やっぱり~」と喜んでくれました。いつも覚えていてくださってありがとうございます。

っていうか、あの日の印象はそんなに強烈だったんですね…

カウンターの前を通るときに、板前のお兄さんにもご挨拶。前回来たときは、お客さんと桜花賞を見に行っていたらしく、居られませんでしたので。

さて、個室に入りますが、大人2人子ども2人だと、かなりゆったり、かなり広々です。

「さと」や「かに道楽」の個室とは違いますね…って、比較対象があんまりですが。

Qちゃんは妻のひざの上で、ようちゃんは私のひざの上で、懐石をいただきました。いつもカウンターばかりで、懐石をいただくことはほとんどなかったので、ちょっと新鮮でした。

途中から、食事にあきてきたQちゃんは個室を走り始めます。机のまわりをぐるぐる回るのがいいらしく、何周もまわってました。

20070106_182657_0

写真は、個室の中をバンザイしながら走り回るQちゃんです。

というあたりで、懐石もおわり、その日の食事は終了となりました(ちなみに、イ○エビはこの日の夕食ではありません)。

私が会計をすませている横では、妻が、Aさんに「明日も来るから」と、また個室の予約をとってました。

夕食後は、Qちゃんもようちゃんも寝る時間ですので、お風呂に入れてネンネと思っていたら、Qちゃんは興奮してしまっていて全然寝てくれませんでした…

おかげでこっちまで寝不足…

疲れを癒しに旅行に来たのに…

(次号に続く)

コメント

馴染みの宿やお店があるのっていいですよね。
私はリピートしない性分なので、馴染みと言えば模型屋さんと本屋さんくらい・・・
Qちゃんのはしゃぎようが、目に浮かびますよ。
子供連れは苦労はありますが、今でしか味わえないHappyな苦労ですよ。存分に味わって下さい。

 良いですねぇ、家族旅行。
 楽しさがひしひしと伝わってきます。
 旅行で疲れるのも楽しみのうち。
 子供が大きくなると家族旅行なんて・・・、と一般的に言われますが家の娘たちはいまだに一緒に行きたがります。
 ちょっとおかしい??
 

部屋のグレードでお風呂がそんなに違うんですか?写真があったら見てみたいです。
「はなの」のお酒のストックがなくなるか、奥様の腰が先に抜けるかの巌流淡路島の決闘(三度目の)を期待していましたが、数年先にお預けですか。長生きしなきゃ。

走り回るQちゃんの横でガッツポーズしてる人が居るように見えるのですが・・
奥様だいぶん飲んでます?
QちゃんにキューブのチョロQ・・  キューづくし・・・

走ってるQちゃんかわいい!
外食時は小さいお子さんがいると
靴をぬぐ個室がいいですね。
土足の床で遊び出したら…
子供椅子から降りたくなったら…
隣の客に何か着けたら…
落ち着いて食事できませんものね。
\(*^∀^*)/

>路渡カッパ様
私からすれば、初めてのところにどんどん行ける路渡カッパ様が羨ましいです。
定宿があるということは、逆に言えば、新規開拓がなかなかできないと言うことでもあります。

>Roso様
大きくなっても子どもさんが家族旅行についてきてくれるというのは、とてもいいことですね。
私も、中高生のころは「家族旅行、そんなの行ってらんね~」というタイプでした。
大学入って、社会人になって、ようやくちょっとは親孝行しつつある感じです。

>緑茶のふろく様
お風呂はだいぶ違いますよ。
今回泊まった部屋のお風呂の写真はありませんが、
これまでの部屋のお風呂の写真はハードディスクをあさってたら何枚かありましたので、今回の旅のレポートが終わった後でアップします。
(いつになるのやら…)

>ふっちゃん様
Qちゃんの横でガッツポーズ(?)しているのは妻です。
ちなみに、ガッツポーズではなく、一緒にバンザイしているのです。
というのは、Qちゃんは、ご飯を全部食べ終わると、全部食べれたことに「バンザーイ」となるからです。
妻は、しらふでもQちゃんにあわせることができますよ。

>JODIE様
子どもがいるとまわりに気を遣いますよね。
個室はそういう意味ではとてもgoodですね。
ただ、大人の立場からすると、個室はちょっとツマラナイ…
(次号で紹介予定ですが)しかも、バーには入店拒否されてしまいました…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/178-06907afe

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。