スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエスティンホテル淡路(番外編)

今回のステイでは、部屋のグレードの関係で、特にお風呂に違いが出て、妻から不満の声が上がることになってしまいました。

ちなみに、前2回のステイのエントリーはこちら(前回前々回

というわけで、ウエスティンホテル淡路の客室のバスルームの紹介です。

まずは、今回泊まった部屋のバスルームはというと、客室からドアを開けて入っていくと、洗面台&脱衣スペースがあります。当たり前のことかも知れませんが、洗面台は1つだけです。そこから右手のドアを開けるとトイレがあり、左手の半透明のドアを開けるとバスルームがあります。

バスルームはバスタブとシャワーというシンプルな作りです。今回泊まった部屋のバスルームには窓があり、お風呂に入りながら外の景色を眺めることができましたが、バスルームに窓のないお部屋もあります。

今回のお部屋のお風呂の間取り図です(ウエスティンホテル淡路のHPより引用して加工しました)。

Floorplan2

それでは、前2回のお部屋(どちらも同じグレードの部屋)のお風呂はどうだったかと言いますと、

客室から入っていくと、洗面台&脱衣スペース&バスタブが1つになったバスルームがあります。ちょっとムダかな~という気もするのですが、洗面台は2つ並んでいます。バスルームには窓もあり、広さも十分です。バスタブと洗面台&脱衣スペースが1つになっているということで、ビチャビチャになってしまうんではないの?という疑問をもたれる方もいるかも知れません。しかし、バスルームには床暖房が完備されており、床が濡れてもすぐに乾きます。

それでは、バスルームの写真です。

20050417_055048_0_1

このように、洗面台が2つ並んでいます。洗面台の隣には液晶テレビ(アクオス)が備え付けられていて、お風呂に入りながらテレビを見ることができます。ちなみに、鏡のむこうにお風呂に入っている方の影が見えますが、気にしない。

バスタブの側はこんな感じです。

20060416_162142_0_2

窓からは外が見えます。

シャワーはないのか、というと、バスルームのとなりにシャワールームがあります。

バスルームの間取りはこんな感じです(同じくウエスティンホテル淡路のHPより引用して加工しました)。

Floorplan

コメント

わがままな注文にお応えいただき、ありがとうございます。
確かにお風呂違いますね。僕たちの時の浴室は、まさに最初の間取り図で、外は見えず、シャワーとバスタブもセット。
上級グレードがいいけど、予算が…。

上級ランクに慣れると国民宿舎なんか泊れなくなりますね。
外が見えるお風呂は気分良さそう。(*゚∇゚*)
景観が良いし。
TV付き、床暖房付き、洗面台2つっていうのも
無駄かもしれないけど魅力ですね。(^ー,^)

>緑茶のふろく様
うちは、緑茶様のところのように、格安で宿泊できるということもありませんので、
一般向けのプランを使っています。
一般向けのプランの場合、平日利用にするなどすれば、
ちょっとのお値段アップで部屋のグレードを上げることができます。
このお部屋は、いつもそのプランでお世話になってます。

>JODIE様
国民宿舎は国民宿舎でよいところがあって、雑多な食堂での食事など結構好きです。
ここのホテルは、大浴場とか露天風呂とかありません。
露天風呂とかあれば、それで事足りるんですけどね。
うちではたまの贅沢でここに行きます(普段はどこにも連れて行きませんので…)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/180-bae5a236

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。