スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆症認定訴訟 仙台・東京判決

3月20日、仙台地裁で原爆症認定訴訟の判決がありました。

原告2名いずれについても、「却下処分を取り消す」との判決、つまり原爆症と認定するという、原告勝訴判決でした。

そして、22日、東京地裁でも判決があり、原告30人中21人について原告勝訴判決が出されました。東京では、各論で一部の原告について請求が認められませんでしたが、総論では、厚生労働省の認定行政を厳しく批判しています。

大阪(9名全員勝訴)、広島(41名全員勝訴)、名古屋(4名中2名勝訴)、仙台(2名全員勝訴)、東京(30名中21名勝訴)と、5度にわたって厚生労働省の原爆症認定行政の機械的・画一的運用が厳しく断罪されています。

厚生労働省のこの状況をさして、ある弁護士が「厚生労働省は崖っぷち犬状態だ」と言っていましたが、「崖っぷち犬は救助されてしまうからダメだ」と、別の弁護士から突っ込まれていました。

というくらい、厚生労働省は批判され続けているのです。

そして、この後も、

3月23日には、中国残留孤児訴訟徳島判決と薬害肝炎訴訟東京判決があり、

3月29日には、中国残留孤児訴訟名古屋判決が続きます。

いずれも、厚生労働省が相手の裁判です。

企業のもうけや福祉予算の削減、経済効率ばかりを優先して、市民の生命・健康・生活・安全をないがしろにし続けてきた厚生労働省のあり方をただすたたかいは続きます。

…ちなみに、私は、明日(23日)の徳島判決に出席します。10時からなので、朝6時に京都を出発して、徳島までのドライブになります。鳴門のうず潮の季節らしいのですが、海を見ながらは走れません。

コメント

前回話題と今回話題、緩急自在なナイスピッチングですね。
>市民の生命・健康・生活・安全をないがしろにし続けてきた…
旧厚省と、採算の合わない巨額投資施設を造り続け、安値で売却してる旧労省。なかなかすごい大型合併ですね。

>緑茶のふろく様
厚生労働省は、市民の命よりも雇用主(企業)の利益を守るためにできた省庁だと理解しています。
それにしても、厚労省の厚顔無恥っぷりには辟易してしまいます。
早急に改めてほしいものです。

 コメント遅れてしまいました。
 徳島訴訟は残念でした。まだまだ闘いは続きます。微力ながら私も応援します。京都訴訟は、絶対勝利です。
 \(>■<)/
 原爆も残留孤児問題も慰安婦問題もすべて日本(帝国)の侵略が引き起こした戦争が大元にある問題、時間が経っているからと言って逃れられる問題ではないと思います。
 在日アメリカ軍に出す予算がるなら、補償にまわすなり、社会福祉・弱者救済に回せば良いのに。
 私の言っている事は、おかしいでしょうか?

>Roso様
徳島判決は残念な結果に終わってしまいましたが、判決の中で、政治的解決を望む旨の言葉があり、厚生労働省はいっそう追いつめられていくことと思います。
京都では勝訴できるよう頑張ります。
軍事費やムダな公共事業よりも、いまは福祉の充実です。とくに、若年労働者の労働条件整備は急務の課題と思います。私も、ニートやワーキングプアになる可能性があったので、その思いは切実です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/193-e1d17a9e

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。