スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶどう狩り

P8080088_1

今週は、私の実家の山形県某町(ちなみに、あとでよく出てくる高畠町ではない)に帰省しています。帰省するのは2年ぶりのことで、ようちゃんにいたっては、昨年生まれたときに一度見せた(私の両親が京都に来た)あとは一度も見せていませんでしたので、たまには孫の顔を見せに行こうかということになり、避暑もかねて私の実家に帰省することになりました。

というわけで、実家のパソコンから更新です。

伊丹から飛行機で山形入りしましたが、大人2人に幼児2人の場合、隣同士に座らせてくれませんでした。安全上の理由だそうです。

山形空港からはレンタカーです。借りたのは日産ティーダラティオ。

手ごたえの無いハンドル、踏んでもいまいち加速しないエンジン&4AT(たぶん)、濡れた路面になると一気にグリップが落ちるタイヤ、全然なれない足踏み式のサイドブレーキ(最初、クラッチと間違って踏んでしまった)・・・

でも、シートはクッション厚手でロドスタの純正シートよりいいかも。妻は「この車、めっちゃ乗りやすいんやけど。うちもコンパクトカーにしようかな。」と、8存亡の危機・・・ しかし、私が「じゃあ、これから家族旅行はコンパクトカーで行くんだね?」と聞いたら、「う~ん、それは・・・」とのこと、しばらくは安泰です。

でも、新しいデミオに2リッターくらいのエンジンを積んだマツスピバージョンが出たら、それでもいいかもしれません。妻の美的感覚からはちょっと外れますが、たぶん十分速いし。その代わり、妻にはMT免許を取ってもらわなければなりませんが。

実家では、じいさんばあさんとひいばあさんがお待ちかね。

土地柄、好物のとうもろこしやぶどう、すいかが山のように出てくる(しかもおいしい!)ので、Qちゃんもようちゃんもご飯そっちのけでそればっかり食べてます。

そして、じいさんばあさんが「ぶどう食べ放題だけど、ぶどう狩りに行く?」と尋ねると、Qちゃんは「行く!」と即答。ぶどう狩りに行くことになりました。行ったのはまほろば観光ぶどう園

・・・ところが、Qちゃんは行きの車の中で熟睡昼寝モードに入ってしまいました・・・

P8080085_1

ぶどう園では、巨峰・マスカット・デラウェアとあったのですが、巨峰とマスカットは季節的にもう少し先ということで、デラウェアだけいただきました。妻がマスカットを1粒食べてましたが、「甘くない」とのこと。

ちなみに、ぶどう棚の下は結構暗くて、上の写真は露出+1.7くらいで撮ってます。

デラウェアを勝手に取って食べていくのですが、パンパンです。京都で売っているぶどうとは実の張り方が違う! そしておいしい!

ようちゃんはじいさんばあさんに抱えられて、次から次へとぶどうをほおばっていますが、Qちゃんはいまだ熟睡中。起こすのもかわいそうですが、ぶどうを食べれないまま帰ってしまうと、「ブドウタベタカッター」と、思い出すたびに言われることは目に見えてますので、ころあいを見て起こします。

最初は、ぐずっていたQちゃんも、自分の上に山のように生っているぶどうを見て、おもむろに食べ始めます。

P8080115_1

ひとしきり食べたところで帰ることになりましたが、別料金でお持ち帰りもできます。籠いっぱい(15房くらい)で1300円。1籠買って帰りました。

P8080117_1

ちなみに、Qちゃんのとなりで籠を持っているのは、私ではなくじいさん。お金を出したのもじいさん。

この後は、高畠ワイナリーという、地場ワインを造っている工場におじゃまして、見学&試飲してきました・・・ といっても、試飲したのはもっぱら妻。Qちゃんもぶどうジュースを試飲して「コレカッテ」と。じいさんに買っていただきました

普段は絵本の中でしか見れない山形新幹線つばさも見れたりして、寝起きのQちゃんもご満足の1日でした。

コメント

ブドウ狩り、去年の夏の家族旅行のとき金沢県で行きましたね。
同じくデラウェアでした。
食べ放題、子供たちが喜びますよね(所詮子供なのでいうほどは食べませんが)w
山形県とは大変ですね。
私も今日から一泊で帰省。
船井郡なのであっというまに着いてしまいますが(笑)。

 私は・・・、帰省するところがないです。
 洋ナシ・メロンのように追熟を期待するもの以外は、野菜、果物の場合は収穫したてが何より美味しいですよね。
 山形へももう少し帰らないとね。お盆と正月ぐらいはご実家に、交互に帰ってあげましょうね。Qちゃんとようちゃんを連れて帰るだけで親孝行でしょう。
 奥様のご実家の近所でお待ちしてますよ~。
 

今度は飛行機でひとっ飛びでしたか、山形なら仕方ないですね。
おじいさん、おばあさん喜ばれたでしょう。(イイナァ)
帰省、故郷のある方は羨ましいな。食べ物も美味しいでしょうね。
ぶどうも山科のブドウ園とはひと味もふた味も違うんだろうな(笑)
そちらはやはり涼しいですか?こっちは耳の穴から煙が出そうです・・・w

>patakira様
うちの子どもたちもせいぜい2房食べるのが精一杯でした。
むしろ、ブドウが木になっているのを初めてみれたのがよかったと思います。
帰省お疲れ様です。
子育て中の身としては、実家が近いのが羨ましいです。

>Roso様
ふるさとは、遠きにありて、思ふもの
とはよく言ったものですが、子どもに実家の広大な田園風景を見せられることは、都会に住む親としては幸せなことだと思います。
妻は、トウモロコシとブドウのおいしさに、土地の力を感じる、と言っていましたが、そうかも知れません。
和歌山に行ったときには、またよろしくです。

>路渡カッパ様
飛行機なら1時間ちょっとなのに、さすがに新幹線で5時間の道のりはつらすぎます。
(車で10時間の道のりはもっとつらいですが…)
山科・勧修寺のブドウもおいしいですよ。
実は、すでに京都に帰ってきました。もうちょっと向こうにいればよかった。暑すぎる…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/218-cf4725e4

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。