スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっち家慰安旅行1(アンパンマン列車)

3月29日から31日にかけて、とっち家は慰安旅行でした。

しつこいようですが、慰安されるのは私ではありません。妻です、妻。私は単なるツアーコンダクター兼ドライバー兼カメラマンに過ぎません。

さて、1日目の3月29日は、土曜日だろうが休日だろうがお構いなしに早起きのQ&ように、7時前には叩き起こされます。特に急ぎの旅行でもないので、ゆっくり出発でもよかったのですが、早く出るに越したことはありませんので、旅仕度をして、朝ご飯を食べて、8時過ぎには出発です。

前のエントリーでも書いたように、ちょっと前から、Qちゃんが後ろに座るようになって、Q&ようが後ろに並んで座っています。こんな感じ。

20080329_110343_0

そして、いざ出発となるわけですが、春休みの土曜日を甘く見てはいけませんでした…

京都南IC手前の広域情報板には、すでに「吹田JCT~西宮山口JCT 渋滞11km(だったと思う)」の表示…

他方、反対車線(京都南ICから京都市内に入ってくるR1)は、京都に来る他府県ナンバーで大渋滞…

世の中は春休みなんだと言うことを実感しました。

…というわけで、中国道の渋滞を回避して、名神を西宮まで走って、阪神高速神戸線に入りました。が、ある意味予想通りの展開ではあるのですが、こちらもやはり渋滞していましたよ。「湊川~京橋 渋滞7km」…

もうどうしようもありませんので、渋滞の中をノロノロすすみます。後部座席でQ&ようが飽きてきても、隣で妻が「トイレ行きたいんだけど」と言っても、どうしようもありません。しかも阪神高速神戸線は京橋までPAないしね。

…延々1時間ほど渋滞の中を通り、京橋までついてみると、「京橋PA 普通 満車」だそうです。渋滞も解消されつつあるので、そのまま進みます。

若宮で阪神高速を降りて、R2に入っていきます。ナビ上では渋滞表示もあったのですが、特に渋滞もなくスムーズに流れていきます。途中、コンビニでトイレ休憩です。

そして、明石海峡大橋へ、と言いたいところですが、橋はくぐるだけでその向こう側へ進んでいきます(若宮で降りた時点でわかってるって?)。

目的地は、そう、明石港。

前回同様、再びたこフェリーに乗るのです。いざたこフェリーへ。

20080329_111656_0

と思ったら、たこフェリーも1時間待ちでした。

もう11時を過ぎて、早起きの我が家(のQ&よう)はお腹がすいてくる時間なので、お昼ご飯にしました。フェリー乗り場に併設のレストランでしたので、港を出入りする船を見ながらの昼食で、我が家の子どもたちはとても満足のようでした。

そして、うちの乗船時間になり、いざ乗船です。

20080329_123748_0

車両甲板に車を置いて、客室に上がります。

20080329_123226_0

あとは、約20分間の船旅を楽しむだけです。晴れて気持ちがいいです。

20080329_123714_0

皆さん、並んで明石海峡大橋の写真を撮っておられます。ちょっと滑稽です。

さて、岩屋港に到着して、一路高知を目指します。

淡路IC~神戸淡路鳴門道~高松道~板野IC~連絡道路~藍住IC~徳島道~川之江JCT~高知道~高知ICです。

途中、吉野川SAで休憩・給油した以外は、高知まで直行です。

淡路島上陸が午後1時ころ、大鳴門橋通過が午後1時30分ころで、高知ICには3時30分ころに着きました。

事前に、夕方の時間帯で、アンパンマン列車が高知駅に来る(出発・到着)のは、午後4時12分と午後5時12分の2本と調べてあったので、これなら、午後4時12分に間に合う~と、高知駅に急ぎました。

途中、観光客とおぼしき他県ナンバーの車(京都ナンバーの車含む)が、何台も同じ方向に走っていくのを見ては、妻は「みんなアンパン列車を見に行くに違いない」と言って、意気込んでいましたが、実際は、わざわざ駅までアンパンマン列車を見に来ていたのは、うちも含めて3組の親子連れだけでした…

そして、アンパンマン列車です。

20080329_160405_0

記念撮影といきたいところでしたが、ようちゃんはカメラよりもアンパンマン列車です。こっちを向いてくれません…

20080329_160502_0

アンパンマン列車は、前だけでなく、車両全体にアンパンマンのキャラクターが所狭しと書かれています。Q&よう、おおよろこび。来た甲斐ありましたよ。

アンパンマン列車は岡山へ向けて出発していきました。Qちゃんは、最初「おかやま」を「わかやま」と間違っていましたが…

20080329_161053_0_2

そのあとは、駐車場の入り口までのひと駅分だけ高知の市電に乗ります。ほんとは駅前に駐車場があったのですが、車で走っているときには、駅前駐車場の表示は全くなくて、わからなかったので、ちょっと離れていても、表示があって確実に車を停められる駐車場に車を停めたのです。

20080329_161857_0

車内(といってもひと駅3分程度でしたが…)での一コマ。

実は、この写真は、かなり条件の悪い中で撮りました。窓からは光が入ってきて、完全に逆光で、しかも、電車の中はかなり暗いため、窓の外との明るさの違いが激しいシチュエーションでの撮影です。

露出を+に補正しているため、窓の外の空は白飛びしていますが、それ以外は、窓の外も電車の中もきちんと描写できています。逆光に強いと言われている14-54mm f2.8-3.5の本領発揮です。レンズ「は」いい感じです。

ひと駅で市電を降りるわけですが(降りるときに運転手さんに怪訝な顔をされました…)、Q&ようは、高知市電を気に入ったようで、その後もしばらくは、駅で電車を見続けていました。

20080329_162127_0_2

中には、電車に手を振っていたら、マイクを通して「バイバイ」と言ってくれる運転手さんもいました。

そして、我が家は、1日目の宿、城西館へと向かいました。

…つづく

コメント

高知まで、単なるツアーコンダクター兼ドライバー兼カメラマン・・・
ご苦労様でした。
京橋PA満車でしたか、家族連れで渋滞はキツイですね。
アンパンマン列車、これは喜ばれますわなぁ♪
逆光に強いレンズ、確かに良い感じです。私はDライティングに頼ってしまいますが・・・

>路渡カッパ様
春休みの週末と言うことで、渋滞は仕方がない状況でしたが、帰省ラッシュみたいな常軌を逸したレベルではなかったので、まだマシでした。
今回は、色々とレンズに助けられました。
本当は、RAWで撮って、ソフトで現像すればよいのでしょうが、そこまでする技術も時間もないのが現実です…

たこフェリーを使われましたか!
なかなか通ですな~
乗船時間、待ち時間を考えると橋を渡ったほうが速いんですが、フェリーに乗ると旅の気分が盛り上がるので好きです。なので、淡路方面へ出かけるときは片道はフェリーを使うようにしています。
アンパンマン列車の所在は初めて知りました。

>jimmy.様
たこフェリーは前回も使いました。
たしかに時間だけならは橋の方が圧倒的に早いですね。
しかし、子どもたちの経験のためにも、車ばっかりでなく、船にも乗った方がいいんじゃないかと思います。
アンパンマン列車は、南風(岡山~高知)だけではなく、宇和海など、四国を走っている他の特急でも使われているようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/254-f35ad4ad

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。