スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都八幡木津自転車道(通称サイロ)

今回も懲りずに自転車ネタでレッツゴー!! です。

9月7日~8日は我が事務所の事務所旅行です…が、10月に2度の出張を控えている私としては、単なる飲み会旅行の事務所旅行に行くとも言えず、家庭の平穏のために事務所旅行は欠席です。ですので、9月8日は1日ぽっかり空きができてしまったのです。(たまっている仕事しろって言われそうですが…)

それで、午後は、妻とランチをすることにしました(妻は午前中は仕事)のですが、午前中はフリーになりました。その時間を使って、京都木津八幡自転車道(通称サイロ)を走ってくることにしました。

京都木津八幡自転車道は、嵐山から桂川沿いを八幡まで下り、そこからは木津まで木津川沿いを上っていくサイクリングロードで、京都でCR(CyclingRoadの略)、サイロ(サイクリングロードの略)と言えばここを指します。れっきとした府道です。

とりあえず、自宅から嵐山まで走りますが、いつもの装備に加えてフロントバックを装着です。オーストリッチの帆布バックで、ベルクロで着け外しができるすぐれものです。フロントバックの中には、パンク修理キットや財布、携帯などの小物が入っています。

準備も万端でいざ出発です。

Sany0017

自宅から20分ほど走って嵐山に到着です。

Sany0018

Sany0020

渡月橋です。とてもすてきな景観です。月曜日の朝と言うことで、観光客も少なくて、とてもいい感じです。

Sany0022

中之島公園の端の方にサイロのスタート地点があります。木津の泉大橋まで45キロの道のりです。頑張りましょう(といっても、木津まで行く気はさらさらありませんが…)。まずは桂川西岸の堤防上を南に下っていきます。

Sany0023

松尾橋です。

Sany0025

その後、上野橋の手前で堤防の上から河川敷におりていきます。

Sany0027

この辺り、河川敷では耕作が行われています。

Sany0028

西大橋(五条通・国道9号線)が見えてきます。西大橋をくぐると…

Sany0029

西大橋の上にあがっていきます。

Sany0031

Sany0032_2

西大橋の南側歩道がサイロの一部になっています。

西大橋(桂川)を西から東へ渡ります。

Sany0033

西大橋を渡った後は、桂川東岸をまた下がっていきます。

Sany0035

桂大橋(八条通)です。桂大橋をくぐったところで橋に沿って左に曲がります。

Sany0037

Sany0038

ちょっと曲がったりなどしながら、桂川東岸の堤防上に上がります。

Sany0042

しばらく下がるとJRと新幹線の高架橋の下をくぐります。ちょうど500系のぞみが通過していきました。

Sany0046 

名神高速の下もくぐります。

Sany0047

そして久我橋。ところが、ここからどこに行ったらいいか分かりません。自転車道の標識は何もありません。が…

Sany0048

ここは左に曲がるのが正解です。左折するとこんな感じの道です。

しかも、交差点のあたりをよ~く調べると、

Sany0049

左方面を示すペイントが施されています。おそらく自転車乗りの誰かが書いたんでしょうね。

Sany0052

ここで、橋を2本渡ったら、一旦北側にでて、橋の下へおりていきます。

Sany0053

ここをぐるっとまわっていくんですね。

Sany0055

羽束師橋です。車で走っていると単なる高架橋ですが、実は下に人道橋があり、歩行者・自転車・原付は下を通っています。釣りをしている人も結構います。

Sany0057

宮前橋の手前です。道はまっすぐにも見えますが、八幡方面は分かれ道を行くようにも見えます… これってどっち?

…と思うのですが、実は、どちらでも行けます。車道を横断したくない人は右に入って橋の下をくぐってください。いずれ合流します。ただし、合流手前で激坂をのぼらなければなりませんが…

Sany0062

御幸橋の手前です。道路には左に曲がれとの矢印が出ているのですが、左に曲がるのは自動車だけで、自転車が左に行ったら道に迷ってしまいます。右折して御幸橋を渡るのが正解です。

Sany0075

御幸橋を渡って…

Sany0064

木津川の堤防の上を走っていきます。

Sany0066

奥に見えているのが京阪国道(国道1号線)木津川大橋です。横断できるはずもありませんので、下におりて橋の下を通ります。写真に写っているお兄さんも下を通って行きましたが、めちゃくちゃ速くて、あっという間に見えなくなってしまいました。

Sany0067

第二京阪です。新しい道路ができて、サイロのルートが変わってしまったのがよく分かります。(写真左側が旧サイロで行き止まりになってしまっています)

Sany0074

第二京阪を越えると、今回の目的地、ながれ橋(木津屋橋)に到着です。

Sany0069

木津まで20キロですので、スタート地点からだと25キロになります。

この時点で午前11時です。妻とは12時30分に待ち合わせていたので、当初の予定は10時30分で折り返そうと思っていたのですが、写真ばかり撮っていて、予定よりも時間がかかってしまいました。

ですので、ながれ橋をろくに見ることもなく折り返しです。

途中まではサイロをたどっていき、適当なところでサイロから別れて自宅を目指します。

が、一般道は車も多く、信号ばかりでとても走りにくい…ということを実感させられました。しかも、南から北へ上がっていくので、ずっとのぼり坂で、その上向かい風でした。

結局、待ち合わせには10分ほど遅れましたが、自転車からNCに乗り換えて、比叡山を駆け上がり(車は楽だ~)、ロテルド比叡でランチをしました。

今回のルートはこんな感じです。

 

コメント

すごいですね。お尻が痛くなりそうな距離ですね。
以前、フィンキック用に脚力を鍛えようと買ったMTB。
ずいぶん前から物置の中で安らかに眠ってます。
メ●ボ対策に、僕こそサイクリングが必要なのに。

>緑茶のふろく様
自転車用のパッドの入ったパンツ(通称レーパン)をはいています。
お尻と前をつなぐ形でパッドが入っていますので、ちょっと恥ずかしいのですが、自転車に乗るには最適なのです。
ですので、お尻は痛くありませんでした。
山中越えサイクリングは、車がビュンビュン飛ばして危ないのでオススメできません。
オススメは、皇子山CCに抜ける道路の方ですね。

のんびり走っても楽しめそうないいルートですね~。
私もレーパン持ってますよ。若い頃にMTBのレースに参戦していたのでレーパンは必需でした。
おケツが割れそうに痛くなりますからね。
木津といえばこれまた若い頃にエントリーした木津川マラソンを思い出します。
お近くにいいところがあって羨ましいです。

>jimmy.様
このサイクリングロードは、ロードバイクだけではなく、ママチャリに乗った近所の人が生活道路としても使っています。
勾配も少なく、のんびり流すのがいい感じです。
MTBレースに木津川マラソン、jimmy.さんはホント精力的ですね~。

渡月橋に松尾橋・・。
わーー懐かしい景色です^^
京都は素敵な場所だったんですね~
今はそう思える私です。

>twins様
大変ご無沙汰しております。
だいぶんお元気になられたようで、何よりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/280-69c244fd

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。