スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペダル交換&SPDシューズ購入 PD-A530 / MAVIC Alpine

自転車ネタ連続投稿第2段

SPDペダル&SPDシューズです。

SPDとは、Shimano Pedaling Dynamicsの略(だったと思う)で、要は、スキーのビンディングよろしく、靴とペダルがガッチンコと固定されるシステムなのです。

自転車に乗り始めると、気になる一品です。

普通、ペダルは下向きに踏むときにだけ力をかけることができるのですが、ペダルと靴が固定されると、向きにかかわらず力を加えることができるようになる、という発想です。これを導入すると、ペダルを「踏む」から「まわす」に変わるらしいです。

それで、ポチッたのはSHIMANOPD-A530というペダルです。

P4110024

実際に取り付けてみます。

…の前に、前についているペダルを外すのですが、これが固い…

しかも、左側のペダルは逆ネジなので、相当混乱しました…(なぜ逆ネジになっているのかというと、ペダルを踏むごとにネジが締まる方向になるためなのだそうです。だから右側のペダルは普通のネジです。)

それで、ようやく装着。

P4110026

このペダルは、片面がSPDで、もう一方はフラット面になっています。ですので、普通の靴でも乗れるということで、このペダルをチョイスしました。この写真はフラット面の側。

そして、SPDの面の側はというと…

P4110029

ここに靴がガチッとはまります。

そして、これに対応する靴が必要です。今回は、MAVICというメーカーのAlpineをチョイスしました。

P4110033

サイズは合っているのですが、甲の高い足なもので、履いた状態だとベルクロのストラップのMの文字はずいぶんずれたところになってしまいます…

そして肝心の裏側。

P4110035

黒い金具が装着されているのがわかりますか?これがさっきのペダルとがっちりはまります。調整が必要なのですが、それはまだです。

さて、ちょっと使ってみた感想ですが、自転車を漕ぐ感覚が変わって面白い、という感じです。ただ、慣れるために、ビンディングの強さは最弱にしていますので、まだまだ遊びがあります。

靴とペダルが固定されることで、皆、いわゆる「立ちゴケ」ってやつ(ペダルから靴が離れずにそのまま倒れちゃうこと)を経験するらしいですが、今のところはありません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/297-16131a07

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。