スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWANS WARRIOR-BM

P1000161.jpg

自転車用のサングラスを追加しました。
追加した理由は、これまで使っていたSWANS Gullwingは、1枚もののレンズなのですが、レンズが大きすぎて、ちょっで大げさな感じだったので、もう少し普通のサングラスにしようと思ったためです。

それで、またチョイスしたのはSWANSです。
子どもの頃からスキーのゴーグルでお世話になっているので、ちょっと愛着あります。
2眼タイプのサングラスの中で、インナーフレームを入れられるタイプを探し、WARRIOR-BMというモデルにしました。
写真ではわかりにくいですが、フレームはカーボン柄です。柄だけですが…

このモデルは、インナーフレームがあまり目立たないのが特徴です。
ただし…

P1000163.jpg

これを見ると分かるように、インナーフレーム自体に角度がついてしまいます。
ですので、ちょっと歪みます。
歪みのないものを追求するのであれば、私がこれまで使ってきたGullwingの方をおすすめします。
ただ、私の視力に相応するレンズでも、自転車で走る分には何とかなるレベルなので、もっと度の軽い人であれば、問題なく使えると思います。

ちなみに、私のレンズの度数はこんな感じです。
右 S-9.50 C-1.25
左 S-8.50 C-0.75
今回は、屈折率1.74の非球面レンズを使いました。
いつもは、1.76の両面非球面を使ったりするのですが、今回は、そのレンズが特別に安くしてもらえたのと、インナーフレームがとても小さいので、それほど厚みに影響しないのとで、そういったチョイスになりました。

P1000162.jpg

これは裏から見た図です。
実際、かけてしまうとインナーフレームはほとんど目立ちません。
Gullwingのインナーフレームとはちょっと違う感じです。

コメント

かっこいい

こういうサングラスだと、クルマでのオープン走行時にもよさそうですね。

最近山中越えのヒルクライムで汗だくの方々が見かける機会が増えてきてますが、
とっち様も走っます?

緑茶のふろく様

写真を見てのとおり、インナーレンズに角度がついていますので、やはり歪みがでます。
車を運転するときにつけるには、慣れがいると思います。

山中越えのヒルクライムですが、あそこは車(しかも飛ばす車、Po社のBo車とか)がたくさんいるので、怖くて自転車では入っていけません…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/314-11cd396f

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。