スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六丁~神明~越畑 ふたたび

もう半月以上前になりますが、7月の終わりに、なかなか明けない梅雨の晴れ間をぬって、六丁~神明~越畑というルートでサイクリングをしてきました。

約1年前、自転車を買ってしばらくしたころに一度行ったきりになっていましたが、今回、再度、越畑へ向かって出発、ということになりました。
前回のようすはこちら
果たして、この1年間で体力はどれだけついた(落ちた?)のでしょうか?

P1000201.jpg

自宅から丸太町通を西に入り、嵐山の手前、清滝道を清滝方面へ北上します。


P1000202.jpg

しばらく行くと、清滝トンネルの手前で側道のような道にはいることができますので、そちらに降りていきます。
写真の標識でいくと水尾方面です。

P1000203.jpg

進行方向の反対側には清滝トンネルと試峠。夜には来たくないところです…

側道をしばらく進むと化野念仏寺がありますが、そのあたりを探すと六丁峠の入り口があります。府道50号線ということになってはいますが、初めてくると、この入り口に気づきません。入り口に気づいても、「ほんとにここかよ~」って思ってしまうくらいです。

P1000204.jpg

その入り口です。鳥居のところ、と覚えておけば、まぁ迷いません。
改めて写真を見ても、ほんとにここかよ~って感じです。


さて、六丁峠ですが、当然のごとく、一気に上り切るなんて無理。大きくカーブするところでとりあえず一休みして、あとは頂上を目指します。が、頂上手前で後ろから車が来たので、とりあえず降りてよけたところ、再度こぎ出そうとしても、斜度がきつくて立っていられずクリートがはめられません…
何度かトライしましたが、無理… 最後は立ちゴケして諦めました… 長い距離ではありませんが峠の頂上まで押します。

P1000206.jpg

六丁峠の頂上。あいかわらず標識が見えません。



ここからは保津峡にむかって下っていきます。このコースの楽しい(下りが楽しい、景色がきれい)ポイントの1つです。

P1000211.jpg

眼下にJR山陰線の保津峡駅を見下ろします。

保津峡からは神明峠(というか樒原)まで、再び上ります。

P1000212.jpg

前回同様、水尾で休憩。ゆず風呂に入れるらしいのですが、普通の民家のお風呂を貸してもらう感じなのでしょうか?


P1000214.jpg

神明峠です。この直前は、またしても押しが入りました… 相変わらずのヘタレです。

神明峠といっても、ここからさらに上ります。初めてきた前回は、ここからさらに上りがあることを知って、精神的に大ダメージをくらってしまいました。今回はわかってますからそんなことはありません、が、つらいものはつらい、と。


P1000215.jpg

P1000216.jpg

樒原につくと、棚田の風景が出迎えてくれます。



そして、ご褒美はまつばらの蕎麦です。

P1000219.jpg

P1000218.jpg

蕎麦だけではなく地元産の野菜の天ぷらもおいしいのですが、自転車で走ってきた身には油ものはきついので、蕎麦だけにします。




帰りは、前回は越畑から八木町方面に降りていったのですが、今回はR477で京北方面へ抜けていきます。

P1000221.jpg

P1000223.jpg

途中、R477から弓槻トンネルを通ってR162へ抜けます。写真でいうと、五条天神川方面へ右折です。
ちなみにここを直進すると、ちょっとした峠越えを経て周山につきますが、帰りのR162で栗尾峠を越えることになりますので、そこまでの元気はなく、弓槻トンネル方面へ近道(それでもけっこうな上りがある)しました。


あとはR162を通って帰宅。約60キロほどのサイクリングでした。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/317-c2370350

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。