スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都八幡木津自転車道

新車でサイクリングです。

先週末(10月11日)にあった学区の運動会で、数少ない30代としてリレーでちょっとがんばったら、予想通り筋肉痛になりましたので、そのリハビリもかねて、平地のサイクリングです。

先日の台風で、流れ橋が本当に「流れ」たらしいということだったので、嵐山からサイクリングロードを走ることにしました。

20091013_085011_0.jpg

それでは出発!



20091013_091454_0.jpg

自宅からちょっと走ると嵐山です。
いい景色だ~と思って、渡月橋を背景に1枚撮ったら、右上と左下に写り込みが…
後で判明することですが、背面のポケットにカメラを入れておいたら、汗で水滴がついてしまって、レンズカバーが開ききらない状態になってしまってました…orz

20091013_091907_0.jpg


そこからは一路流れ橋を目指します。
流れ橋までの道程は前回のレポをどうぞ。今回は、一気に流れ橋まで行ってしまいます。


というわけで、流れ橋です。だいたい1時間程度で着きました。










SANY0073.jpg

こんな風景が待っているはずでした…



















しかし実際は…

20091013_102532_0.jpg

そこには見るも無惨な姿が…
まぁ、今回みたいな台風の時を想定して、「流れ」るようになっていたんでしょうが、実際流れてみると一大事ですね。
ちなみに、私以外にも、けっこう野次馬な人たちがいましたw


20091013_102825_0.jpg

奥に見える「ながればし」の石碑がイタイ…





ここで引き返しても良かったのですが、せっかくだし、一気に行ってしまうことにします。
というわけでエイッ!


20091013_112633_0.jpg

自転車道の終点の、木津、泉大橋です。
終点には、終点の標識があるだけで、公園も休憩所も何もありません。自販機すらありません…


20091013_112645_0.jpg

終点の道標です。
反対から見ると…

20091013_112653_0.jpg

そう、嵐山まで45キロメートルです。ここまで来たら、帰らなければならないのです…


20091013_112626_0.jpg

終点にあった自転車道の案内板です。御幸橋から木津方面が案内されています。
この案内板は、御幸橋より向こう側には所々に立っています。

というわけで、ここから引き返しました。
…が、向かい風がつらい…
足もきつくなってきて、ペースが全然上がらない…

などと、もがきながら、西大橋(五条通)までサイクリングロードを戻り、そこから帰宅しました。
走行距離は、95キロでした。100キロまであと少しでした。嵐山まで行ってたら100キロ超えたんですけどね。









それと、道中、以前に担当した事件の現場を通りました。

20091013_104516_0.jpg

20091013_104616_0.jpg

合掌



コメント

ありゃぁ~!

先日の台風でそんな被害が出てたのですね・・・
石碑はがっちり、流れそうにありませんが(^_^ゞ
黒のニューバイク、スマートで快適そうですね♪

事件って?サイクルロードで起きた通り魔殺人・・・?

路渡カッパ様

ながれ橋が「ながれ」た姿はなかなか見れないと思いますので、この機会に行かれてみてはいかがですか?

事件というのは、木津川沿いの河川敷グラウンドで、少年がクラブの練習中に熱中症で死亡したという事件です。
当時は、けっこう報道されたりもしましたので、知ってる人は知ってる事件でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/320-ca6514c2

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。