スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醍醐寺

京都はちょうど桜が見頃で、それと比例して観光に来られる方も非常に多く、先週末などは市内はとても車で走れる状態ではありませんでした。



私はというと、相変わらずの多忙で、ろくに花見もできずにいたのですが、たまたま昨日(5日)、依頼者のお宅におじゃまする機会があって、それが醍醐でしたので、そのついでに醍醐寺に寄ってみることにしました。

ちなみに、天気が良かったこともあり、依頼者のお宅へは自転車で行くことにしました。
行きのルートは、三条通~蹴上~九条山~外環三条~外環状線です。
九条山くらいだったらフロントはアウター(コンパクトクランクですが…)で行けちゃいます。
ほんとに走っている人からすると、あれは平坦路らしいです。私はそこまで達観はできません…


事務所から約45分程度で、依頼者のお宅へ到着です。
実は、地下鉄を使っても(駅からの徒歩の時間がありますので)、車を使っても、同じくらいの時間がかかってしまいます。自転車だからといってそんなに遅いわけではありません。





依頼者との打合せも終わり、次の予定まで時間がありましたので、醍醐寺に寄り道です。

20100405_124352_0.jpg

駐輪場はもっと先、と言われて、正門を通り過ぎていきます。
…が、実際は駐輪場などはなく、トイレの横のスペースに駐めておくだけでした。

このあたりの道路は、醍醐寺目当ての車で大渋滞でした。月曜日でこの状態ですから、先週末などは本当にひどかったのではないでしょうか。
交通整理をしているおっちゃんが、醍醐駅の駐車場に駐めて歩いた方がはやいのにな~と言っていましたが、同感です。京都の寺社は、基本的には、郊外型ショッピングセンターのように車を直接乗り入れるようにはできていません(当たり前ですが)。
さらに言えば、寺社の周辺をそぞろ歩くこと(の方)が楽しいんじゃないかと。
目的地に車で直づけして、目的地だけ見るのでは面白みがありませんよ、と、声を大にして言いたいです。




と、文句はさておき、醍醐寺に行きます。実は、京都に来てすでに15年以上になりますが、醍醐寺に来るのは初めてです。

20100405_120711_0.jpg

桜のトンネル状態です。
とてもきれいですが、人も多いです。
自転車用のビンディングシューズで歩いていますので、石畳はとても歩きにくい…
せめてMTB用のシューズにすればよかった…


まずは三宝院に入ります。

20100405_122352_0.jpg

20100405_121114_0.jpg

三宝院の中は人でいっぱいです。


その後は醍醐寺の本体(?)の方へ。

20100405_122550_2.jpg

20100405_122623_0.jpg

山門ですね。

中に入ると、もうすぐ桜まつりなるものがあるらしく、通路は幕で仕切られていました。

20100405_123055_0.jpg

五重塔です。

あとは本堂の前で、御利益をいただけるように煙を頭にいただいてきました。




帰りは、山科川沿いの自転車道から新十条通を経て、大石道を上っていきます。
大石道は、山科側から上る分には斜度もそれほどきつくないので、エクササイズにちょうどいいのではないかと。
ただし、東山に下っていく道はゴミゴミする上に交通量もそこそこあるので、気持ちよいダウンヒルとはいきません。

20100405_134059_0.jpg

大石道の頂上あたりにあるテニスクラブの入り口です。証拠写真ですw



あとは、鴨川まで出て、七条から丸太町まで鴨川左岸(東側)を走って事務所に帰りました。
鴨川沿いも、五条~丸太町は花見の方々がたくさんいました。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/339-7034a395

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。