スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力についてチラシの裏のまとめ

前回のエントリーで、原子力についてはまた別の機会にみたいなことを書いたので、原子力についてどう考えたらいいのか、ツイッターを使って考えてみました。
そういう意味では、ツイッターはほんとに「チラシの裏」。

それをひとまとめにするとこんな感じになります。


CO2排出削減の目的は、おおざっぱに言えば「持続可能な地球(世界)」の形成にあると思う。そういう意味で言うと、CO2を排出しなくても「持続可能な地球(世界)」というテーゼに反するようなもの・ことは許されないという帰結になるはず。
10:29 PM Jul 8th webから

そこで原子力。原子力発電によって不可避的に発生する核廃棄物について、現在のところ、埋める以外の処理方法が見つかっていない。六ヶ所村の再処理工場にも行って説明聞いたけど、最終処理方法はまだ決まっていないと言っていた。
10:33 PM Jul 8th webから

将来、核燃料が全量リサイクルできて、核廃棄物が発生しない技術ができるとすれば、核廃棄物の問題はクリアできる(ように思える)。しかし、そのような技術が理論的にでき得るのかどうかはよく分からない。少なくとも、現在の段階で、そのような理論的見通しがたっているとは聞いたことがない。
10:39 PM Jul 8th webから

核廃棄物の問題が、仮にクリアできたとして、次に、メルトダウンというか、テロに遭った場合どうするかというか、そういう危機管理の問題が解決できるかどうかが問題になる。原子力発電所も「モノ」である以上壊れる(はず、この前提が変わってくることがあれば、また違う議論になっちゃう)。
10:43 PM Jul 8th webから

原子力発電所が壊れたときの被害(規模の大きさと回復可能性)を考える。放射能汚染の人的被害は、少なくとも直接ないし間接に被曝した人体には、少なくとも60年以上は残り続けることになる。そして、その被害は世代をこえて現れることもある。
10:49 PM Jul 8th webから

ただ、放射能汚染の地球への影響を考えると、どこまでのことが言えるか。少なくとも、現在の広島・長崎が放射能に汚染されているということはあり得ない。そういう意味では地球は回復しているということになるのか、と思う。原爆と違って、原発の場合は永久に汚染され続けるのだという話も聞かない。
10:53 PM Jul 8th webから

ここで、最初の「持続可能な地球(世界)」というテーゼに戻ると、結局、原子力発電の問題は核廃棄物の問題に帰結するように思える。が、原爆症の裁判をやってきて、放射線被曝の影響で苦しみ続けてきた人たちを見ているから、そう割り切れない自分もいる。
10:57 PM Jul 8th webから

一人の人(ここで想定されているのは、何らかの理由で原発が事故を起こし、放射線による被害を受けた人)の生命や人生を、「持続可能な地球(世界)」というテーゼと比較できるのだろうか。多数の「生」の前で、少数の「生」が犠牲になるのはやむを得ないことなのだろうか。
11:01 PM Jul 8th webから

と、ここからは哲学の世界に入ってしまうので、とりあえず思考停止。この議論も、核廃棄物の問題が解決できるという前提での議論になるので。少なくとも、現段階では、原子力発電は「持続可能な地球(世界)」というテーゼに反するので、発電過程でCO2を排出しなくても許容はできない、という結論。
11:04 PM Jul 8th webから



とまあ、ビール片手に、できるだけ論理破綻しないようにと思いながら“つぶやき”続けたらこんな感じになってしまいました。
前提として、原子力発電所は、発電所の建設過程や、核燃料の採掘や輸送過程でのCO2排出はあるものの、発電過程でCO2は排出しないということがあり、「CO2削減のためには原子力」みたいなことがよく言われるわけです。


なお、最終盤の「多数の「生」の前で、少数の「生」が犠牲になるのはやむを得ないことなのだろうか」というテーゼへの、私の現在の考えを言うと、これはNOです。個の「生」を全うさせられないような社会ではいけないと思っています。そして、ヒトと技術の進歩は、このテーゼを克服できると思っています。
というか、このテーゼを建前にして幾多の戦争が行われ、今もなおテロや内紛が続いている中で、このテーゼを認めることはできない、というのが感情的には近いでしょうか。



コメント

お久です

半端な知識ですが、
最終処理方法・技術の見通しが立っていない問題もありますが、
「建設、稼動、安全管理、施設・設備の老朽化時の廃棄物処理などのコストとエネルギーを考えると、とてもじゃないが、原発は非効率的である」と読みました。
CO2だけ環境が語られ、全世界的な原発推進ムードですが、
なんだかCOPも、裏で原発推進勢力が動いてたりして。

緑茶のふろく様

こちらこそお久しぶりです。
原子力は、その危険性故にどうしても施設の建設や維持にコストがかかります。当然、建設や維持、廃棄に伴うCO2排出もあります。
「原発推進勢力」なるものが何者かは分かりませんが、COPを奇貨として推進しようとしていることは間違いないでしょうね。
結局、人間の欲求を思うままにしていたら「地球」のキャパシティを超えてしまったと言うところに本質的な問題点があるので、人間の欲求をコントロールしなければならないのでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/354-588075bc

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。