スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーグ&アムステルダム2

前回は、ハーグに到着したところまででした。

オランダに着いたはいいのですが、時差が日本と8時間あります。
私が使っていた時計は電波時計(シチズンアネッサ)で、全然現地時間に修正されてくれません(結局、最後まで日本時間を刻み続けていました)。
おそらく、何らかの設定をいじって対応するのでしょうが、取説も手元になければ、これまでいじったこともなかったので、どうしていいのか全然分かりません。
8時間ずらして読めばいいのですが、いちいち面倒な上、大事な時間(集合時間や飛行機の時間など)で1時間もずれてしまったら大変なことになってしまいます。「現地で何か買い物をしたい」という気持ちもあり、ハーグ中心街にあるV&Dという、少しカジュアル目の百貨店(オランダ国内に結構たくさんある)に入って、スウォッチを妻と私で1本ずつ購入しました。

クレジットカードで購入したのですが、オランダでは、カードは、レストランなどで若干サインをしたくらいで、ほとんどすべての店で暗証番号決済でした。日本でもよくあるカードを差し込んで暗証番号を打ち込む機械です。
ところが、日本と違うのは、カードを機械に抜き差ししたりするのを全て客が行っていることです。
はじめ、これが分からなくで、しどろもどろしてしまいました。
ただでさえ、言葉が分からなくて四苦八苦しているのに・・・
それ以外にも、機械の中には、カードを入れたときに、ユーロ決済と円決済を選べるのがあったりして、それも日本では経験しないことでした。


時計を購入した後は、ハーグの街を歩きながら適当に買い食いします。
街角や、駅のホーム、通りでものを食べながら歩いている人はものすごく多いです。
また、オランダでは店舗内はほぼ例外なく禁煙になっているので、店先でたばこを吸っている人もめっぽう多いです。

その日の夜ご飯にパンにソーセージをはさんだものを街頭で購入したのですが、はさむものはソーセージだけでよかったのに、玉ねぎの炒め物とチリソースをどっちゃりのせられてしまいました。美味しかったからいいですけど、とても重い夕食になってしまいました。


そんなこんなでオランダでの1日目は終え、2日目です。

2日目はハーグから電車で少し行ったところにあるデルフトという街に行きます。

デルフトへはデンハーグセントラール駅から電車に乗るわけですが、駅前で見た風景。

P3180018.jpg

P3180019.jpg

P3180022.jpg

自転車撤去です・・・オランダでもあるんですね。

ガイドさんが撤去していた人たちと話したところ、「ここから先は駐輪禁止」の標識を指さしていました。逆に言えば、そこまでは自由に駐輪OKということのようです。
オランダでは、自転車は質素というか、かなり長い年月使い込まれた自転車がかなり走っているのですが、そういった自転車であってもすごい頑丈そうなチェーンロックがかけてあったりします。自転車よりもこのチェーンロックの方が高いだろ、みたいな。
自転車撤去のおじさん達は、そんなチェーンロックも電動カッターでばっさり切断して撤去していきました。


デンハーグセントラール駅から電車でデルフトに行きます。
ちなみに、日本では「ハーグ」と呼ばれるのが通常ですが、オランダでは「デンハーグ」と呼ぶのが通常だそうです。「デンハーグ」の「デン」は「den」で、英語で言う「the」みたいなもので、なくても意味は通じると思いますが、都市名としての固有名詞は「Den Haag」が正しいそうです。

P3180026.jpg

デルフト駅から運河沿いにしばらく歩くと旧教会が見えてきます。
旧教会の時計塔は傾いています。

P3180027.jpg

また、運河沿いにはこんなものもありました。
フェルメールの絵や説明書きなどが立方体の各面に貼り付けられていて、それが斜めの軸を中心にぐるぐる回ります。観光客向けで、デルフト市内に6カ所あるとのことでした。

P3180037.jpg

旧教会から少し歩いた街の中央にある広場にある新教会です。
かなり上の方までのぼれると言われましたが、高いところが苦手なので、下の礼拝堂の中だけ見てきました。

P3180043.jpg

街の中央の公園で、新教会と向き合うように建っているのが市役所の庁舎です。
従前は裁判所としても使われていたそうで、真ん中のあたりに天秤を持ったテミスの像が彫られています。




この公園の一角にフェルメールセンターというところがあります。
建物自体は、昔、フェルメールも加入していたギルド(芸術家だけではなく、建築士や壁塗りの職人なども一緒のギルドに入っていたそうです)の建物だったところを利用しています。


続く。

コメント

現地では

ホーランドというのでしょうか?

クレジットカードの決済詐欺が多いからでしょうか、
だんだんカードを店員に預けない技術や機器が増えてますね。

オランダって、もっと街に花があふれてそうなイメージでしたが、
そうでもないですね。

>緑茶のふろく様

確かに海外ではクレジットカードの決済詐欺は多そうですね。
カードをほいほい店員に渡してしまう日本の方が少数派なのかもしれません。

私が行ったのは3月中旬ですが、4月に入るともっと花がきれいに咲くようになると聞きました。
街角の花屋さんなどは日本よりも多かったですし、アムステルダムでは街のど真ん中に花市場があったりしますので、花の街というのはあながち間違ってはいないとおもいます。

ホーランド?
どうでしょう、聞いたことはありませんでしたが、国名としてはネーデルランドかと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocchi1976.blog91.fc2.com/tb.php/387-9a8fe7e2

 | HOME | 

Appendix

tocchi1976

tocchi1976

某所(旧ブログを見ればすぐに分かります。このブログでもいずれすぐにわかります。)で弁護士をしています。このブログを開設した時点で7年目です。



Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。